ヘッドライト デニム エンジニアジャケット 11オンス ワーク HEADLIGHT 東洋 HD13018A 日本製 アメカジ ○

11oz Denim Engineer Jacket
11オンス デニム エンジニア ジャケット

ヘッドライト(HEAD LIGHT)の実名復刻、11oz.デニムエンジニアジャケットです。
機械整備工などに向けて、狭い空間での作業用として生まれたエンジニアジャケット。
襟が無く着丈も短い1940年代のモデル。
ポケットにはやや大きめのボックスタイプのワークポケット、
1918年に同社が特許を取得しているウォッチポケットを左胸に搭載。
ウォッチポケットは当時としては画期的で、ヘッドライトが特許を取得していました。
ボタンは「HEADLIGHT」の文字が刻印されたタックボタンが使用されています。
ジャケットとしてもご着用できますが
形としてはカーディガンにも似てますのでアウターのインナーとして
コーディネートしてみるのもいかがでしょうか?

※襟元の紙製ラベルは外してご着用下さいませ。


BRAND

HEAD LIGHT (ヘッドライト)

DETAIL

11オンス
前身:ポケット×4 / タグ / ピスネーム
左胸ポケット:ウォッチポケット
ボタン:HEADLIGHT刻印タックボタン
襟元:紙ラベル付き
左下ポケット内:ユニオンチケット

MODEL

モデル: Hide
身長: 171cm
体重: 62kg
サイズ:38(M)

TOTAL

モデル着用商品
Hide:Inner / Bottom / Shoes

SIZE

サイズ(cm) 身幅 着丈 肩幅 袖丈 重量(g)
36(S) 49 56 41 62 510
38(M) 52 58 43 63 550
40(L) 55 62 45 66 590
42(XL) 58 64 47 67 620

サイズは若干前後します。 サイズの測り方

MATERIAL

素材 綿 100%
生産 日本製
加工 ワンウォッシュ

ヘッドライト デニム エンジニアジャケット 11オンス ワーク HEADLIGHT 東洋 HD13018A 日本製 アメカジ ○

価格:

19,800円 (税込 21,384円)

[ポイント還元 213ポイント〜]
購入数:

カラー

サイズ

在庫

購入

NAVY(421)

36(S)

38(M)

×

40(L)

42(XL)

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
この商品のURLを携帯に送る
携帯ページ

着用アイテム... インナー:YOROI / ボトムス:シュガーケーン / シューズ:ロンウルフ

11oz Denim Engineer Jacket
11オンス デニム エンジニア ジャケット

ヘッドライト(HEAD LIGHT)の実名復刻、11oz.デニムエンジニアジャケットです。
機械整備工などに向けて、狭い空間での作業用として生まれたエンジニアジャケット。
襟が無く着丈も短い1940年代モデル。
ポケットにはやや大きめのボックスタイプのワークポケット、
1918年に同社が特許を取得しているウォッチポケットを左胸に搭載。
ウォッチポケットは当時としては画期的で、ヘッドライトが特許を取得していました。
ボタンは「HEADLIGHT」の文字が刻印されたタックボタンが使用されています。
ジャケットとしてもご着用できますが
形としてはカーディガンにも似てますのでアウターのインナーとして
コーディネートしてみるのもいかがでしょうか?

※襟元の紙製ラベルは外してご着用下さいませ。


BRAND

HEAD LIGHT (ヘッドライト)

DETAIL

11オンス
前身:ポケット×4 / タグ / ピスネーム
左胸ポケット:ウォッチポケット
ボタン:HEADLIGHT刻印タックボタン
襟元:紙ラベル付き
左下ポケット内:ユニオンチケット

MODEL

モデル: Hide
身長: 171cm
体重: 62kg
サイズ:38(M)

TOTAL

モデル着用商品
Hide:Inner / Bottom / Shoes

SIZE

サイズ(cm) 身幅 着丈 肩幅 袖丈 重量(g)
36(S) 49 56 41 62 510
38(M) 52 58 43 63 550
40(L) 55 62 45 66 590
42(XL) 58 64 47 67 620

サイズは若干前後します。 サイズの測り方

MATERIAL

素材 綿 100%
生産 日本製
加工 ワンウォッシュ

1900年代初頭に誕生したヘッドライトはサンフランシスコに拠点を持つ
ラーンド・カーター&カンパニーの1ブランドで、
フラッシャーには機関車がヘッドライトの光を発しているデザインを採用している。
このヘッドライトは主に鉄道員、機関士などに人気があり供給されていた。
60年代になるとカーハート社に吸収合併された後に消滅する。
現在でもコレクターの間で人気が高く入手困難とされる希少なアイテムを現代に蘇らせています。