Reebok リーボック レディース スウエット トレーナー クラシック CLASSIC フレンチテリー MLM78

Reebok Classic French Terry Crewneck Sweat
リーボック クラシック フレンチテリー クルーネック スウエット

シーズナルカラーの貝殻柄をあしらったフレンチテリークルースウェット。
リラックスフィットの仕様です。

フレンチテリー(French Terry)
パイル地の中でも薄手で、ストレッチ性の高い裏毛。
主にスウェットの裏地などに用いられます。

※171cm、62kgの男性スタッフはXOT(XXL)サイズを着用しております。
男性の方もサイズによっては着用可能です!!


BRAND

Reebok (リーボック)

DETAIL

フレンチテリー(裏毛)
前身:プリント

MODEL

モデル:Hide
身長:171cm
体重:62kg
サイズ:XOT(XXL)

TOTAL

モデル着用商品
Hide:
WHITE: Bottom / GABGRY: Bottom /

SIZE

サイズ(cm) 参照サイズ(身長) 参照サイズ(胸囲) 身幅 着丈 肩幅 袖丈 重量(g)
S 152〜158cm 78〜82cm 44 65 37 59 300
M 157〜163cm 81〜85cm 46 66 38 60 320
L 162〜168cm 84〜88cm 47 68 39 61 340
OT(XL) 167〜173cm 87〜91cm 48 69 40 62 350
XOT(XXL) 172〜178cm 90〜94cm 50 71 42 63 370

サイズは若干前後します。 サイズの測り方

MATERIAL

素材 本体:綿100%
リブ:綿95% / ポリウレタン5%
生産 パキスタン製

Reebok リーボック レディース スウエット トレーナー クラシック CLASSIC フレンチテリー MLM78

価格:

7,690円 (税込 8,305円)

[ポイント還元 83ポイント〜]
購入数:

サイズ

カラー

在庫

購入

S

WHITE

×

GABGRY

×

M

WHITE

×

GABGRY

×

L

WHITE

×

GABGRY

×

OT(XL)

WHITE

×

GABGRY

×

XOT(XXL)

WHITE

×

GABGRY

×

返品期限・条件 返品についての詳細はこちら
この商品について問い合わせる
友達にメールですすめる
携帯ページ

着用アイテム... ボトムス:YOROI
着用アイテム... ボトムス:YOROI / シューズ:adidas

Reebok Classic French Terry Crewneck Sweat
リーボック クラシック フレンチテリー クルーネック スウエット

シーズナルカラーの貝殻柄をあしらったフレンチテリークルースウェット。
リラックスフィットの仕様です。

フレンチテリー(French Terry)
パイル地の中でも薄手で、ストレッチ性の高い裏毛。
主にスウェットの裏地などに用いられます。

※171cm、62kgの男性スタッフはXOT(XXL)サイズを着用しております。
男性の方もサイズによっては着用可能です!!


BRAND

Reebok (リーボック)

DETAIL

フレンチテリー(裏毛)
前身:プリント

MODEL

モデル:Hide
身長:171cm
体重:62kg
サイズ:XOT(XXL)

TOTAL

モデル着用商品
Hide:
WHITE: Bottom / GABGRY: Bottom /

SIZE

サイズ(cm) 参照サイズ(身長) 参照サイズ(胸囲) 身幅 着丈 肩幅 袖丈 重量(g)
S 152〜158cm 78〜82cm 44 65 37 59 300
M 157〜163cm 81〜85cm 46 66 38 60 320
L 162〜168cm 84〜88cm 47 68 39 61 340
OT(XL) 167〜173cm 87〜91cm 48 69 40 62 350
XOT(XXL) 172〜178cm 90〜94cm 50 71 42 63 370

サイズは若干前後します。 サイズの測り方

MATERIAL

素材 本体:綿100%
リブ:綿95% / ポリウレタン5%
生産 パキスタン製

リーボックはイギリス発祥のスポーツブランド。
1990年代のスニーカーブームのきっかけとなった「PUMP SYSTEM ポンプシステム」は世界中で認知されている。
リーボックの「革新的なテクノロジー」が融合したニューライン「Classic Lite」シリーズの新しいシューズや
アパレルのコレクションをVERBAL氏の独自の表現で広く伝えていくことも魅力となっている。


ページトップへ